起業して初めての貸事務所選び!押さえておきたいポイントとは

貸事務所選びで失敗しないために!様々な条件から厳選しよう

起業して初めての貸事務所選び!押さえておきたいポイントとは

社内

エントランスで決める

オフィスのエントランスは、会社の印象やイメージに大きく影響するものです。たとえ、どれほど素晴らしい実績を持った企業でも、エントランスの清掃状態が良くなければ、取引相手や来客者からの印象はかなり悪くなってしまいます。それほどエントランスは重視すべきポイントなのです。そのため、新大阪で貸事務所を選ぶ際には、エントランスを重視して決めるといいでしょう。

立地条件を考える

オフィスをどのエリアに構えるのか、またはどのビルに入居するのかという立地条件も非常に貸事務所選びでは大切なポイントです。ビジネス街の一等地を押さえることができれば、他の企業や取引相手からの信用性は高まります。そのため、新大阪の起業家たちは一等地を狙うことも多いです。しかし、当然のことながら、一等地は維持費がかなりかかります。そのため、立地条件と維持費を比較して貸事務所を選ぶ必要があります。

業務内容に合わせる

ビジネス街にもそれぞれのエリアで特性があり、特定の業者が多く立地しているケースも多いです。自社での業務が特定のビジネスに付随するものであれば、そのエリアから貸事務所を選ぶというのもいいでしょう。業務内容に合わせて貸事務所を選ぶことができたら、ワークフローを一貫して行えることでビジネスの効率化やコスト削減ができる可能性も高いです。

仲介手数料を確認する

貸事務所との契約には、一般的な賃貸物件同様に仲介されることも多いです。そうするとやはり仲介手数料がかかってしまい負担金が多くなります。しかし、不動産会社によって仲介手数料が無料になることもあります。そのため、コスト削減を目指すなら仲介手数料無料かということも確認しておきましょう。

契約の流れ

申し込み

ネットなどを通じて情報収集を行ない、気に入った貸事務所が見つかれば具体的な契約条件を確認し、入居申込みの準備を進めます。申込書には、会社名、住所、代表者名、業務内容、取引銀行などをご記入ください。

契約を結ぶ

申し込みした後に審査が通れば、ご契約に移ります。契約には本人確認書類、会社概要など様々な書類が必要になるので、事前に不動産に聞いておきましょう。また、契約を結ぶにあたり、契約書類などは隅々まで確認しておくようにしましょう。

引き渡し

契約が完了したら、お客様のスケジュールに合わせて引き渡しを行ないます。引き渡しでは担当者とともに物件の最終チェックを行ない、問題がなければ新オフィスを自由に使えます。オフィス備品や工事が必要な場合には、日程に合わせて依頼しておくといいでしょう。

広告募集中